2006年07月

2006年07月31日

平成18年7月30日

人が人として生きる意味は
魂の浄化の為なり。
されど、その目的忘れ去り、清き魂段々と曇らせり。
我欲、物欲、金銭欲、欲に曇らされ
神から離れゆくなり。
神から離れゆきたる者も今こそ気づき、神と共に歩めよ。
今気づかずば時遅し。
物、金銭欲しがるなと言うのではなし。
物、金銭は人を喜ばせ励みとなるらん。
されど、物、金銭に心奪わるるな。
魂奪わるるな。
働きに応じた金銭は言わば褒美のようなもの。
物はその証のようなもの。
我が身のみのものにするべからず。
人の為、世の為に必ず振り分けるべし。



kibanamano at 09:47 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月30日

平成18年7月29日

浄化すすみゆき、世界も日本も団体も家庭も個人も問題ありは全て表にでてくる。
精神おかされる者、隠されし病気、だましだましの関係も全てが明るみになる。
されど、悪き事ばかりではなかりけり。
人の心の奥の繋がり、縁もまたはっきりと映し出されるなり。
人と人との繋がり薄れたこの世なれば、映し出されし良き縁は終生の宝と心にとめよ。
強き絆、気づきなば、昔の日本の良き時代、少しは戻りゆくなり。



kibanamano at 00:21 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月28日

平成18年7月27日

人皆、神と共に歩めよ。
神から遠ざかるは人間なり。
神から人を遠ざける事、見放す事はありえず。
人が求むれば必ず神は導かるる。
己の我、欲にて神から遠ざかる者多し。
されど、1度遠ざかりても再び神求むれば、神はふたたび足許照らしゆかるる。
まずは祈り捧げよ。
他者を思いやり、祈りを捧げよ。
他者に捧ぐる祈りを神は認められ、喜ばるる。
神を喜ばす祈りは自分に還りて我清めらるる。



kibanamano at 10:49 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月26日

平成18年7月25日

繰り返し申すが、日本におきる事、世界におきるなり。
世界におきる事、日本におきるなり。
土砂崩れ、大雨、地震、戦争、テロ。
段々と住みづらくなりし。
石油も高値で、そのうち手に入れる事さえままならぬようになるやもしれぬ。
野菜は異常気象にて高値、不足し、鳥インフルエンザや、狂牛病なども蔓延るかもしれぬ。
先の見えぬ情勢。されど苦しき時こそ、人皆力合わせ、知恵を集めて助け合うを神は望まるる。
人間の知恵は本来、我1人のものならず。
人と助け合う為に使うもの。
我1人助かろうと、食べ物、品物集め隠そうと、その全て無になり。
苦しき時こそ、困った時こそ互いに支えあい、前を向けよ。
さすれば必ず道は開かれ、神は導かるる。
まずは日本から整えよ。
これより先の情勢、苦しきなりきは避けがたし。
その時助け合い、神と共に歩めるか否か試さるるなり。



kibanamano at 00:29 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月25日

平成18年7月24日

世界情勢不穏なり。
神は人々に不幸を見せられ、真の幸福の意味を気づかせようとさるる。
真の幸せは不幸を知ってこそわかるものなり。
されど、不幸を味あわせられる元の根は人間の我なり。
人間の我強きになくば、不幸現象の最も顕著なる戦争起こす必要なき。
元の因は人の欲なり。我なり。
神は因無しの不幸現象なぞもたらさぬ。
ゆえに不幸の種は全て己の中にあり。



kibanamano at 11:02 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月24日

平成18年7月23日

人よ目を開けよ。
神理はただ一つ。神を伝えしもの、たくさんあり途中の道異なれど、辿り着くはただ一つ。
それゆえ迷うなかれ。
神など認めぬ、頼らずとも我独り生きらるると考える者は、そのようにさるれば良し。
神を信じ、神の意に沿うて生きる道選びし者、修行と共に足元を照らしゆかるる。
奇跡は人間には起こせず。
神のみぞ起こせるものなり。
我が身に起きし奇跡を一つ一つ思い起こせよ。
思い起こし、思いあたるなら感謝し、懺悔せよ。
今、必要なのは神のいのりに沿うて生きる事なり。



kibanamano at 00:19 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月22日

平成18年7月22日

雷響き、雨降りやまず。
これ序章ぞ。今までになきと思う事象起こして、神の存在人々にしらしめらるる。
されど、今までに無き事と言えど、我が身に遭遇せずば無しに等しき事。ゆえに人々に気づきなし。
2005年の末。幾人からの口により、または文書により、今年の水害の警告、色々な嘘が表ざたになるなどの事象は語られ、示されていたが、そのような文書、神示を読みもせぬ者多き。または読んでも心に無き者多し。
なにゆえか。本心は目に見えぬ物信じぬゆえ。我のみの事だけ考えゆくゆえ。
鉄砲水起きても、己にふりかからねば起きぬと等しと思うなら、我困りても誰も助けぬなり。
神は人を脅す為に事象を起こすのではない。また人を脅す為にシャーマンを介して、予告、警鐘を鳴らすわけでもない。
神は今迷い続けらるる。
一旦この地球の生物を無にすべきか。改心あるなら、神の姿に似し人間をこのまま地球に残すのか。
神は迷われ、人間の気づきをこれでもか、これでもかと信号を送りて待ち続けらるる。



kibanamano at 21:29 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月12日

平成18年7月10日

波動悪くなり、精神を病む者多くなりし。
落ち着きなくし、心乱れゆく者、世界、日本内外乱れますます不安におののき、我なくす。
心乱れし時、まず神に祈れよ。
反省し、懺悔し、他者思いやれば神は魂を浄化され不安も恐れも消されゆく。
声聞けずとも、目に見えずとも神の存在を信じ疑うなかれ。
どの時も神と一緒にありと思えば心落ち着こう。
皆人一人一人が心落ち着き、浄化さるれば悪き波動も良き波動へと変わりゆく。



kibanamano at 01:36 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月10日

平成18年7月9日

神から与えられしものには全て神が宿りし。
数字でも、音でも、色でも、形でも、物でも、ありとあらゆる物に神宿りし。
物質文明全てならずと言うには非ず。
物質は人間にとって心の潤い、癒しにもなろう。
テレビが初めて写りし時には、白黒であれ、小型であれなんであれ、ともかく持ちえれば皆々満足であったであろう。
人間の欲は計り知れぬ。
次から次へといらぬ物まで欲しくなる。
今や大人も子供も1日テレビを見ても飽きぬ程。
一家に2台も3台もはたまた子供部屋においても。
昔を考えよ。家に一台あれば満足し、家族揃うてテレビを見る幸せ。
今や子供は子供。大人は大人。そのような環境は人間を駄目にし、子供もまた駄目にする原因となりうるなり。
文明は必要なり。
飛行機が必要な時には飛行機を使えよ。
インターネットは大いに役に立つ。
されど物質文明に感謝無く、必要なき物次から次へと手に入れてくゆくは、ただの欲なり。物質への執着なり。
物を持ちて死ねぬ。金を持ちても死ねぬ。
有難き文明の産物、神に感謝捧げつつ、この世に己あり間、有難く使わせて頂く物なり。



kibanamano at 01:12 この記事をクリップ!
2006神示 

2006年07月09日

平成18年7月8日

6月7月と月日進みゆくにつれ、
神の大掃除さらに進むなり。
このような台風、このような雨、雷、初めて味わうと、
人皆口にして言うが、自然の驚異もまた神の愛なり。
自然ありて、人も動物も全ての物が生命育まるる。
感謝すべき自然を汚し、穢し、感謝の心微塵も無くば、
神は自然の力を人に思い知らさるる。
どのように科学が発達し文明が発達しようと、天変地異に人間は太刀打ちできぬ。
ならば、昔のように自然に感謝し神に感謝し、生かさるる事に感謝し、
神の与えし寿命をまっとうせよ。



kibanamano at 01:13 この記事をクリップ!
2006神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード