2007年04月

2007年04月20日

人にとって家は大切なり。
日本の風土には木造建築が一番過ごしやすく、健康的に過ごせるものなり。
山は、本来空気浄化の役割。また、風をよけ人間の生活を守るなり。
神は日本の民が木々を使いて家を造りても、人間の生活を守りつつ、充分に事足りるように自然を与えられし。
されど、人間は欲望にて勝手に伐採を重ね、人間を守りゆく森の木々は別の木々にとりかえられ、山の形態乱しゆく。
さらに、それだけでなく近頃では木々は利益追求のため伐採の後植林もされず。
山は荒れ放題なり。
動物も小動物も住めぬものなり。
そを続ければいかなる災害起きるか気づく者少なき。
山乱して利益貪り続けるなれば、崖崩れなどと言う安易なる災害になく、山もろとも崩れ落ちようぞ。
さらに思わぬ災害にも繋がりゆくらん。
それにて人の命奪わるるは人災なり。
本来日本の山は、日本の民を守りゆくものなり。
山の木々も植物も動物も小動物も全てが人の役に立つなり。
一握りの善意ありし者が、山の役割果たす本物の森を作らんと、働きゆくがそれだけでは、もはや日本のもとある森林は取り戻せぬ。
心ある者、国、地方、皆が本気に役割果たせるもとある山の姿取り戻さんと動かば、人を守る山も復活しようぞ。


kibanamano at 10:59 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月18日

波動悪き日々

波動悪き日々続くなり。
人は平静失い、思わぬ事故起きるなり。
一昔には考えられぬ事故、工場の爆発。
波動悪きは正常な感覚狂わせ、判断誤るなり。
さなる時こそ己を浄化せしめよ。
悪き波動と共鳴せば、己も巻き込まれん。
悪き波動跳ねつける清き心を持つべし。
1人1人の努力無くば波動変えられず。
皆々の浄化必要なり。
この先何が起きても不思議にあらず。
暖冬のツケも思わぬ形にて様々に表るるなり。
水の汚濁にて水使えずは、水に関する問題生ずる警告なり。
水があるは当然と皆々心にも留めぬが、水不足起こるは雨足りぬからばかりの因になき。
様々な要因にて水不足起こるものなり。
今年は爆発の年なりて、工場のみならず様々な形にて爆発多きものなり。
ようよう気を付けるべし。
因はそもそも人間にあり。
火山が爆発するやもしれぬ。
火山活動、活発なる山にては注意されよ。
爆発の年なれば、様々な問題吹き出し荒れ狂う。
今まで大きな地震の経験なき地にても地震起こるものなり。
人知れず地震の根を持つ地なり。
災害無きと思う土地こそ気をつけ準備を怠るなかれ。
波動悪き日々、世情暗く、人の心も暗くなりけり。
さなる時こそ1人でも多くの魂の浄化必要なり。
心穏やかならず、荒ぶる我があるならば真の姿になき。
真の姿取り戻し、良き波動もたらさんと祈り捧げるべし。


kibanamano at 19:31 この記事をクリップ!
2007神示 

分相応

人は不満多き生き物なり。
そは一つには人と自分とを比べるゆえなり。
一つには、自分の思い通りに事が運ばぬゆえなり。
一つには物質社会の陥る我欲にまみれるためなり。
不幸ありなば、自分1人が不幸にあうと嘆くなり。
されど、人は皆苦しみ、苦労、悲しみ背負いて生きるらん。
それゆえ、喜び、幸せ、さらに大きくなるなれば。
人は悲しみ、苦しみ、苦労なるはいつまでも覚え、嘆き悲しむなれど、喜びや幸せも同じに与えらるるを気付かぬものなり。
悲しみ、苦労、あればこそ喜びも幸せもあるらん。
1人、苦しみ、悲しみて、心閉ざして神の光を受けぬ者多き。
そは神への背徳なり。
物事うまく進まぬがゆえ人は努力し、知恵を使い、向上せんとす。
欲しき物手に入れても、さらに新しき物と次から次へと物品、金銭欲しがるは心の貧しさ表すものなり。
分相応。そが一番なり。
生を受け、今生かされし事のみても充分に幸せなり。
そを感謝せずして先は無し。
全ての物は神の恵みなり。
自ら生まれるにあらず。
人は神の慈愛にて生を受け、己自身が親選ぶなり。
人間は非力なり。
人間に与えられる能力。役割。全て神から与えられし恵みなり。
その恵み生かすになく、不満もつは傲慢なる。謙虚に生きるべし。
不満、悩み、苦しみは人間につき物なれど、その負のエネルギーをすぐに己の向上のためのプラスのエネルギーと変えるべし。
人は不満多き。欠点多き生き物なり。
されど、その欠点さえも神の与えし修行なり。
さすれば、欠点さえも神の慈愛、御意図と気づきて感謝あるなれば、欠点も長所と変りゆくなり。
己の欠点に不満を持つなかれ。欠点あるがゆえに人は謙虚になれるものなり。
全てが人間が向上するための神の御意図なり。


kibanamano at 10:49 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月17日

神の子

人、今惑うなり。
神仏などありはせぬと、目に見えず、証明できぬものは全て信ぜぬ者も多かりき。
されど、心の奥底には皆々神ありき。
神の子ゆえなり。
神信じぬと言うなれど、心の奥の神はことある事に神との縁繋ぐなり。
人間が生まれし時より幾度となく神との縁繋がるる。
様々な神事にて知らず知らずに神との縁結ぶなり。
さらに神信じぬと言うなれど、苦しきことあるなれば手を合わせての神頼み。
日本の世情狂いに狂い災害多きなるは、今まで神仏信じぬ者も、あるいは天罰かと思いを巡らせる。
神はおられるやもしれぬと考える者も増ゆるなり。
されど、目には見えず、声も聞こえず、惑い悩みていたずらに目に見えぬものを追い求めることを神は危惧さるるものなり。
神という名のもとに必要以上の金を取り上ぐる者あり。
神は特別な存在になきこと気づけよ。
人よ。神は人間が作られし時から、人間を見守り続け、人は神から遠ざかる者あるなれど、神から人を遠ざくることなし。
神を求める者なれば、見守られん。
神は特別の存在になき。
人間は神と共にあるが本来の姿なり。
神と共にありし本来の姿に気づけよ。
神にも成せぬことあるらん。
神にも成せぬことは人間の手で成すのだぞ。
立て替え立て直し成功のために手助けする者一人でも多くと望まれん。


kibanamano at 08:59 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月14日

戦争と同じ

戦争なるは、尊き人間の命を奪う、その名の下に公然と行わるる大量殺人なる最も恐ろしきことなり。
いかに戦争に大義名分を掲げたとて人の命奪う殺人に違いなき。
戦争は神の御意図にあらず。
神のなさせし事にはあらず。
戦争も、日毎新聞、マスコミをにぎわす殺人も人の我欲の結果なり。
戦争も自然環境破壊も汚染も温暖化も仕組みの表れになく、全ては原因がありて結果があるらん。
自分は不幸ばかりと嘆く者も原因があって結果なり。そを気づけよ。
人間の暴走によりて起こりし今の世情、神はただ人の気づきを望まれん。
人間の努めは神にもなせぬ物質文明を作り上げ、平和な暮らしの中で人類と地球と、地上に住む様々な生き物の命を守りゆくことなり。
神の与えし様々な恩恵よくよく考えよ。どれほどの恩恵を授かりしか。
神の与えし恩恵無くば、人間は一日たりとて生きられぬものを。
なぜに人間は戦争を続けるや。
なぜに人を殺すや。
親や子を殺すや。
人は人の命を奪えぬように作られしを。
人の死は避けられぬものなり。
神と人との約束ありて、この世にて修行し、高め清めし魂を神にお返しする時が死なり。
それまでの尊き命、人間の我にて奪いしこと神は許さず。
そもそも人は人の命を奪えず。自分の命も絶てぬ生き物なり。
平気で戦争おこし殺人犯しゆく者、神からは遠くに離れ精神を病みゆくものなり。
自殺も同じなり。正常なる精神、清き魂持つなれば、自分の命絶つは決してできはせぬ。
いかなる者も人の命も自身の命も絶つことを神は許さず。
たとえ現世で逃れゆくも、あの世にて辛き修行待つものなり。
日本には今は戦争は無いが、戦争と同じ事日々起こりしものなり。
自殺も増ゆるばかり。
死するは、なお苦しみ増やすことになるらん。
決して命を粗末にするなかれ。
そを迷えし人に伝えるべし。


kibanamano at 00:38 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月12日

便利さと不便さ

航空機、バス、船舶の事故多発。
人間がこれくらいなら大丈夫なりと安全無視したるゆえに起こりし。
小さな事故、見逃すなかれ。
人間の慢心、傲慢さは人の命も巻き添えにするものなり。
まだまだ不備あり。大きな事故に繋がりし種潜むなり。
小さな事故の警告、見逃すなかれ。
神はいかなる時も警告与えし。
されど、その警告伝わらず、小さき事故積み重なり、大きな事故となるらん。
文明は便利なるが時に不便さとなりぬるを気づけよ。
東京でたった一日電気が止まればいかなる事態に陥るか。
空の便も陸の便も全てコンピューターに任せるなりは、コンピューター故障した時いかなるか。
機械は故障せず。と言う意識を捨て去り、機械は故障あることを前提にして物事を考えるべし。
たった一日の停電なりとて大きな損失を呼び、全てが麻痺する事になるらん。
ボタン一つの操作にて何事もまかり通るは人間の心麻痺させるものなり。
インターネットは便利にて人間に様々な恩恵もたらさるるなり。
されど、同時にその匿名性ゆえに、心の悪を表面化させ犯罪に手を染めるものも増ゆるばかり。
さらに大抵の者は道具、機械を操作しているのみで仕組みはわからず、人間は段々と知恵を使わぬ生き物になりにける。
表面的にのみ物事を捉える人間にてこの世溢るる事になりゆく。
文明悪しきと言う事ではなき。されど、このまま文明に操らるるのみの人間なりては物事の善し悪しも考えられぬ事態となりゆくぞ。
昔ながらの掃除の仕方、心を込めて手紙を書くことも大切なり。
特に料理は、文明の便利さに頼りすぎるなれば、栄養失いて、病をよぶなり。
人が人として知恵を使い、さらに文明を生かしゆくためには、まずは便利さは不便さと背中合わせなりこと、その不便さは昔の不便さとは桁違いに大きくなりしこと、しっかりと認識するべし。
全て文明依存の考えを正さねば、いつまでも大きな事故起こりえるものなり。
人間の心すさみゆき、心無くすものなり。


kibanamano at 22:51 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月11日

個性

神とは何ぞや。
神とは宇宙のはじめから、この宇宙全てを支配する、偉大なる存在なり。
神なくして宇宙存在せず。
当然、人間も神の存在なくして存在せず。
さなりて神に感謝し、神に心を合わせ生きるべし。
神は光なり。
大いなる慈愛溢るる光なり。
神に心をあわするには、まず神の光を感じることなり。
神の慈愛は深く、神は御意図をこめ人間をつくられるなり。
知恵を与え、言葉を与え、文明を与え、文明によりさらなる魂の向上を望まれし。
されど神の御意図遠きになりけり。
人間には個性が必要なり。
それぞれが欠けたる所を補い合うためなり。
個性なきて皆々全ての能力を持ち、何の欠けもなくば助け合いはなき。
男も女にても欠けるを助け合うべく、それぞれお役割与え、男と女の区別つけらるる。
されど、神の御意図から大きく外れ、それぞれに与えし個性なるは欲、傲慢に形を変え、さらに我はとどまる所を知らぬなり。
人間の争いはそもそも我の張り合いなる。
神は神が与えし個性が神の御意図から離れ、魂を曇らすほどの我欲となりしこと、嘆かれし。
人よ。気づけよ。
人に個性あるは神の御意図なり。
人より知恵ありと見える者にても、人より芸事の才ありと見える者にても、スポーツに長け天才と言わるる者なりても弱点あるらん。
神は平等に人の能力を分けられし。
特に人より秀でる才無きても、全てを合わすれば皆々平等たる。
平等たること気づけよ、人よ。
いたずらに己を卑下するなかれ。
人より劣ると悲しむなかれ。
人の幸せの量も、苦しみの量も皆々等しく与えられし。
苦しみをどのように捉えるかはその者にかかるらん。
人間には様々な苦労準備されし。
何の苦労も無き者一人もおらぬ。
されど、魂浄化し常に向上の心ありて、高みに向かいて歩きし者にはいたずらに大きな苦労は与えられぬ。
人は皆平等たり。
例え表面苦労、苦しみ無きと見える者にても、見えざる所に苦労、苦しみ、努力あり。
人は欠けを補い合い生きるものなり。
補い合い、助け助けられ循環すべく神は人間それぞれに個性を与えられん。
苦労はいとわず乗り越えよ。
神と心を合わせ、人と助け合い乗り越えるならば神はいつも見守り、その慈愛の光にて皆々の足許を必ず照らされ、導かれん。


kibanamano at 22:52 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月10日

真価

人よ。いかなる状況なりとて生きるをあきらめるべからず。
今から先は地球の状況悪化なる。
さなる時、人と人との争いも増え、戦争多くなりし。
予期せぬ出来事も起こるものなり。
何が起きるやもしれぬ時なり。
されど、さなる時こそ人間の真価が問わるるなり。
いかに考え、いかなる行動をするか。
さなる時の行動こそを神は見ておわす。
いかなる時も希望を捨てず、この地球を救うは人間一人一人なりこと忘るるなかれ。
今の現状救いしは人間一人一人にかかるものなり。
誰かが救いてくれようと考えるは間違いなるぞ。
まず、人間が今までにつくりし罪、素直に認め、一人一人が立ち上がるならば、一人の力は二人になり、さらに三人になり、やがては国家を動かし、地球を動かす力とならん。
繰り返し申すが、人間の素直な祈りは天をも動かすものなり。
狂いし地軸ももとに戻すらん。
地球の地軸狂いしはゆゆしき事なり。
その地軸正さねば、地球はもとに戻らず。
されど、希望を捨てず輪を広げよ。
今人間一人一人の力が必要なり。
まずは日本国の民の目覚めを待たん。


kibanamano at 22:55 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月09日

元ある姿

日に日に太陽の光鮮やかに強くなりゆく。
浄化の光なり。
地上浄化さるらば魂曇りし人間住みづらく、身体と心に隠れ潜みし病、穢れ、表面に表るる。
さなる時こそ、浄化の光を有り難きと感謝し、しっかりと己取り戻せよ。
己の心見つめ直すべし。
浄化ありても負けぬ穢れなき魂取り戻せよ。
さらに、神の与えし自然万物に心を馳せ、元あるべき姿を思い起こせよ。
自然万物全て神の慈愛ある恵みなり。
海も山も川も神の慈愛溢るる恵みなり。
そこには神の御意図ありて、人間と自然、万物全てが自然形態を保ち助け合うべく与えられし。
されど、必要なる水は汚染され、消毒という大義のもとに、その役割果たせず。
海も山も埋め立てられ切り崩され、その姿を変えられし。
命を支えし塩もまた加工され、その役割果たせず。
川はコンクリートにて埋められ、息もできぬ。
加えて人間の作り出したる文明に伴う有害物質。このままゆけば、さらに有害物質増ゆるばかり。
山はそもそも地上を守り、浄化の役割あるなり。
されど山の本来あるべき木々は切り倒され、神の与えし神の山もまた姿を変えられし。
山には山の役割果たすべく必要なる木、必要となる草花、動物、小動物すべからず与えられるものなり。
されど、神の恵みなる姿持つ山は今は少なくなりけり。
さすれば、思わぬ災害を引き起こさん。
自然形態乱すがいかに恐ろしきかを思い知ることになろうぞ。
されど救いはあるらん。
日本にも世界にも山も海も水も塩もさらに、食物、薬草全てにおいて古代の神の御意図を守り、その役割伝えんとするもの少数存在するなり。
その者達、危機伝えん。
山にあるべく木々無くし、他の木を植林したとて、人間の生活守りきれず、動物住めず。
動物住めぬ山は死するも同じなり。
危機伝える者の声届かば無視するなかれ。
海も山も川も元あるべく姿に戻すが人間の生命守る方法なり。
神の与えし自然万物のそれぞれのお役割生かしていけよ。
さなる世に早く導かれるが、神の望みなり。
神見えずとも神と言葉を交わさずとも神の御意図魂に刻みし人間、まだ少数なりは存在す。
さなる者の言葉無視するなかれ。
水にても塩にても、一つずつ元姿に戻すべし。
自然万物、元ある姿こそが地上を癒し、人間を助け、浄化せしめるものなり。
神の御意図を無視し、変えられし自然万物、元ある姿に戻せよ。
神の御意図無視するなればいつか破滅へと向かうものなり。


kibanamano at 11:54 この記事をクリップ!
2007神示 

2007年04月07日

最悪の事態を避けるため

現代は人間も動物も生き辛き。
このままなれば、近々に動物も植物もたくさんのもの絶滅するなり。
人間もまたさらに生き辛く、苦しむことになるなり。
人は知恵多き生き物なり。
様々な驚異の文明作り出すらん。
科学者には科学者の役割あり。
地球を平和に導く役割与えられし。
さなる者の知恵を出し合うなれば、大きな力となり、地球上の悪なるエネルギーを善なるエネルギーへと替える知恵も十分に持ち合わせる。
また、二酸化炭素の排出量を60%削減するべく行動を起し始める国もあり。
されど、一国にては間に合わぬ。
それくらいの行動を世界のどの国においても皆一丸となりて協力しあいて科学者の知恵を借り、各国の民が行動に移すなれば、最悪の温暖化避けらるるなり。
平和を目指して一丸となるは神いたく喜ぶらん。
各国の一人一人の民、微力なれど皆々動くなればやがて多くの民動かし、さらに国を動かす力とならん。
その輪は大きく広がりて天をも動かすらん。
小動物、動物、植物、次々と絶滅しゆく地球なぞ、人間も決して見たくはあるまい。
桜咲かぬ日本国なぞ考えたくもなき。
今なら他国の良き動き見習いて、温暖化を始め様々な毒、消し去ること可能なり。


kibanamano at 15:18 この記事をクリップ!
2007神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード