2012年12月

2012年12月26日

注連飾り

神様が仰るように、日本の伝統文化は侮ることができません。
お正月の注連飾りは魔を祓い、結界をつくる作用があります。

昔は玄関だけではなく、家中の扉という扉、車、自転車にも注連飾りをつけたものですが、人の心が神から離れるほどに、この習慣も忘れ去られようとしています。

以前から、国旗についても何度も述べてきましたが、お正月には注連飾りでしっかりと結界をはって、国旗を掲げることで清き魂が存在する家であることを神様にお知らせしてください。

もちろん、自分自身邪を寄せ付けることのない美しき心を保つ意識と、魂を磨きあげる意識がなければ、本当にただの飾りとなってしまうことは言うまでもありませんが、それでもしないよりはする方が神の意に乗っていると言えるでしょう。

日本の伝統は誇りであり、宝です。
このお正月はぜひ日本人らしいお正月の過ごし方を意識なさってください。
+木花万乃の運命鑑定+

家族のための鑑定本『きづな』
2013/2月末まで

新五色の玉

※『きづな』『新五色の玉』共にリニューアルしていますので、以前の鑑定をお持ち方もお申込頂けます。
以前の『きづな』をお持ちの方は鑑定料から5000円を値引きします。
『五色の玉』鑑定済の方は追加部分のみの鑑定で鑑定料が8000円となります。
2013年運鑑定の進捗について

10月31日にご入金を確認致しましたお申込分までの発送が完了しました。
製本の都合で、9月後半のお申込分も一部含まれています。大変お待たせすることとなり申し訳ありません。

年内納期とさせて頂いております11月7日までにご入金を確認致しましたお申込分も、製本が出来上がり次第、発送させて頂きます。到着まで今しばらくお待ちください。

1月中発送納期分も順次作業を進めております。新年早々発送を開始致します。

kibanamano at 00:04 この記事をクリップ!

2012年12月24日

新年の神事

新年を迎えるはその年の守護を司る神をお迎えする事でもありなん。
なればこそ環境をできうる限り清浄に美しく整えねばならぬ。
しめ縄、門松、国旗掲揚せぬ家も増ゆるれど、さなる習慣は全て神をお迎えする心の表れなれば、できうる限り日本的な正月を迎えるが肝心なり。

お正月を迎えると言うことは、年の初めに神様をお迎えすることであり、本来神聖な行事、神事です。
新年を祝い楽しむことはもちろん良いことですが、根底には神への畏怖があるべきです。
最近は、お正月の風習も忘れられつつありますが、それでは、単なるお休みの過ごし方とさほど変わりませんから、神様をお迎えする事など到底できません。
年末にできる限りの大掃除と、お正月の準備、飾り付けをしておきましょう。
元日にはまず神様にお雑煮やおせち料理を振る舞い、感謝の心を捧げ、さらに浄化に努めていきますと肝を据えて、楽しく且つ厳かにお正月を過ごしてください。
+木花万乃の運命鑑定+

家族のための鑑定本『きづな』
2013/2月末まで

新五色の玉

※『きづな』『新五色の玉』共にリニューアルしていますので、以前の鑑定をお持ち方もお申込頂けます。
以前の『きづな』をお持ちの方は鑑定料から5000円を値引きします。
『五色の玉』鑑定済の方は追加部分のみの鑑定で鑑定料が8000円となります。
2013年運鑑定の進捗について

10月31日にご入金を確認致しましたお申込分までの発送が完了しました。
製本の都合で、9月後半のお申込分も一部含まれています。大変お待たせすることとなり申し訳ありません。

年内納期とさせて頂いております11月7日までにご入金を確認致しましたお申込分も、製本が出来上がり次第、発送させて頂きます。到着まで今しばらくお待ちください。

1月中発送納期分も順次作業を進めております。新年早々発送を開始致します。

kibanamano at 23:47 この記事をクリップ!
2012年神示 

大掃除

今年も終わりに近づかんとせば、家の隅から隅まで清め祓い、必要なき物は心のごみと共に捨て去るがよからん。
使用せぬもの捨てられぬは執着という負の心に支配さるるがゆえならん。古きを捨てらば新しき気もたらされん。
暮れの掃除はできる限りほうきを使いて家の中の邪気を掃き出すがよし。
家を清浄にし、この年無事に過ごせしことに感謝捧げ神社にお礼参りをすらば、心身禊がるる。

そろそろ大掃除をはじめたご家庭も多いのではないでしょうか。
いつも申しておりますが、いらない物、取ってあるけど使わない物、着てない服などは、できる限り部屋に溜め込まず捨ててしまいましょう。

もったいないと思う心はここでは仇となります。
家の中に不要品が溜まってくると、心にもゴミがたくさん溜まります。

家の状態と心身の状態は思った以上にシンクロしていますから、家の中はできるだけ荷物が少なくスッキリしている方が良いのです。物を購入する時に、本当に必要なものかどうか吟味して買っていれば、もったいない事をしてしまう事もありません。

寿命がきた物があれば、処分してまた自然循環に戻してあげることが大切です。

ほうきを使いなさいと、神様が仰っていますが、ほうきはそもそも神事のお祓いの道具です。家中の邪気を掃き出す意識を以てお掃除をしてください。

できれば自然塩を床に撒いてから掃き掃除をして、ゴミを取った後に、ほうきで寿、福などの字を書くとそのエネルギーが家に浸透します。

年末の大掃除は、次の年の神様をお迎えする神事です。
しっかりとこのお努めをしてから、一年の感謝を神様に捧げてください。


kibanamano at 01:06 この記事をクリップ!
2012年神示 

2012年12月23日

きづな・新五色の玉付属の霊符について

現在受付をしております家族のための鑑定書『きづな』及びリニューアルした『新五色の玉』には、それぞれ霊符をお付けしています。

『きづな』では家庭に調和と、家庭的な雰囲気、繁栄、加護などもたらす意味を持つ数霊を木花万乃が施術し、それに加えてご家庭それぞれに必要な神気を気功封入した色紙をお渡し致します。

DSC_0672
(きづなに付属する神気数霊色紙20cm×20cm程度※変更になる場合があります。)

『新五色の玉』では幸運を莫大にするという意味を持つ数霊と、そのために必要な神気を同様に施術したミニ色紙をお渡しします。

DSC_0673
(新五色の玉に付属する神気数霊色紙7cm×7cm程度※変更になる場合があります。)

※いずれも数霊部分は秘術ですので伏せてあります。

どちらの色紙も神様の力をお借りして、運命好転の補助とするものです。
ご自身の魂を浄化し、そしてご家族を浄化に導く意志と、穏やかで芯の強い信仰心を養うことによって、霊符も強い効果を発揮することができます。

今までの数霊符は機械での印刷・施術でしたが、今回はこれまでの御礼もこめまして、一枚一枚記入し、そして丁寧に入気をさせて頂きます。

鑑定書を活用しながら、霊符の力をお借りすることで、より効果的に浄化を進めていくことができます。
ご縁ある皆様、ご家族様にお渡しし、少しでもお役に立てば幸いに存じます。

鑑定内容、お申込は↓のページです。よろしくご検討くださいませ。

家族のための鑑定本『きづな』
2013/2月末まで

新五色の玉

※『きづな』『新五色の玉』共にリニューアルしていますので、以前の鑑定をお持ち方もお申込頂けます。
以前の『きづな』をお持ちの方は鑑定料から5000円を値引きします。
『五色の玉』鑑定済の方は追加部分のみの鑑定で鑑定料が8000円となります。
2013年運鑑定の進捗について

明日24日、10月31日にご入金を確認致しましたお申込分までの発送が完了します。
製本の都合で、9月後半のお申込分も一部含まれています。大変お待たせすることとなり申し訳ありません。

年内納期とさせて頂いております11月7日までにご入金を確認致しましたお申込分も、製本が出来上がり次第、発送させて頂きます。到着まで今しばらくお待ちください。

1月中発送納期分も順次作業を進めております。新年早々発送を開始致します。

kibanamano at 19:04 この記事をクリップ!

2012年12月20日

五元素

宇宙には五元素あり。
人も五元素うまく交じりあいて生み出されしものなり。
言葉も文明も全ての物質、万物に五元素ありてそれぞれ助け助け合い循環するは宇宙の法則ならん。そを悟るれば人と人が争うことなど本来あり得ぬ。
人に与えればめぐりめぐりて己も与えらるる真理も五行循環の法則にてもたらされん。
立て替え立て直しにて、全ての循環は正さるる。なれば、この助け合い補い合いの流れにうまく乗るがこれより先の正しき生き方ならん。

万物は木火土金水のエネルギーを持っています。
これを陰陽五行と呼び、宇宙の法則そのものですから様々な占術の大元でもあります。
人もこの五気によって構成されていますが、人によってそのバランスは様々です。
ある人は木の気が欠けています。ある人は火の気が欠けています。誰にでも欠けがあるのです。なぜ、わざわざ欠けがあるように神様は人間をお創りになられたのでしょうか。
それは、木の気の欠けは、水の気を持つものが補い、火の気の欠けは、木の気を持つものが補い、そして全ての存在が助け合い補い合ってこそ、世界も宇宙も正しく流れていくことが宇宙の真理だからでしょう。
しかし、今の世の中はどうでしょう。人同士の五行循環。うまく流れているでしょうか。
よくよく考え直さなければならない時が来ています。
2013年運鑑定・進捗について

現在の状況ですが、11月7日ご入金を確認いたしましたお申し込み分までを年内発送完了納期として全て印刷工程に入っています。
印刷製本が出来上がり次第発送いたします。発送が完了しましたらまたお知らせします。

2013年1月中発送予定分も随時作業に入っています。

到着まで何卒お待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。
五色の玉をリニューアルします。

新五色の玉
新規鑑定料 20000円(税・製本料・送料込)

以前の五色の玉をお持ちの方もお申し込み頂けます。
今回追加した部分、改訂した部分を『五色の玉追加鑑定』としてお作りします。
追加鑑定料 8000円(税・製本料・送料込)

↓詳しい内容、お申し込み
新五色の玉

kibanamano at 23:58 この記事をクリップ!
2012年神示 

2012年12月19日

立て替え立て直しの時代

この世の立て替え立て直しは既に本格的になるれどもまだまだ気づきある者少なからん。嘆かわしきなり。
この地球、人間を美しきものに戻さんとするため、浄化の作用起こらば強き痛みも伴わん。人は忘れやすく、異常にも慣れやすきものなれば、神は繰り返し繰り返し幾たびも人に伝えん。
神の教えをいつも心にとどめ、魔に取り憑かれぬよう浄化に努めるべし。

物質文明社会には限界が訪れようとしています。
地球と宇宙循環を守るためには、地球の大掃除は避けられません。
それは、人間にとっては色々な問題の噴出、災害という形で表れます。
ですから立て替え立て直しにおいてできる限り人の犠牲が出ないように、神様は人の気づきを促すように神示や様々な手を使って人に伝え続けておられます。
神様の仰るように立て替え立て直しは着実に進んでいます。
いずれ、これまでの価値観が全く通じなくなる世の中が訪れるはずです。
この流れは人のためにも地球・宇宙万物のためにも必要なものですから、私たちはその流れに抗わず上手に乗らなければなりません。
この波に乗ることができなければ、これからの変革の時代は大変辛いものとなるはずです。
より上手に乗ることができれば、この変革の苦難の中にも希望と喜びを見いだすことができます。
頑なな心では波に乗ることはできません。柔らかく優しく美しい魂であることを目差してください。


kibanamano at 17:25 この記事をクリップ!
2012年神示 

五色の玉をリニューアルします

五色の玉は神様から星形になるものを作りなさいと御言葉を頂き誕生しました。

神様は何でも教えてくれるわけでありませんので、私にもこのような指示があることは極まれなことです。
私は長年運命学に関わってきましたので星形になるものとは、真っ先に陰陽五行、五芒星のことだろうと思い、陰陽五行、太占を駆使した鑑定書を創り上げました。それが『五色の玉』です。

五芒星は結界です。星形になるものを作りなさいという神様の御言葉は、ご縁ある皆様に強い加護をつけるためのものを作りなさい。と言うことです。
五色の玉には強い神意が籠もっており、その意に乗って浄化に努めれば、皆様の周囲には強力な五角形の結界が張られることになると、五色の玉でも記しました。

お陰様で、『五色の玉』は大変多くの方にお渡しすることができました。
一生を通じて指針、護りとなる鑑定書ですから、お喜びの声もたくさん頂いております。

しかし発表から3年経ち、たくさんの鑑定をさせて頂くほどに、私の研究もさらに進み、もっともっとお伝えしたいこと、進化、深化させたいことが出てきました。

さらに次元の高い、皆様の魂浄化に繋がるより神意の強い鑑定書をお渡ししたいと思います。

新五色の玉
新規鑑定料 20000円(税・製本料・送料込)

以前の五色の玉をお持ちの方もお申し込み頂けます。
今回追加した部分、改訂した部分を『五色の玉追加鑑定』としてお作りします。
追加鑑定料 8000円(税・製本料・送料込)

↓詳しい内容、お申し込み
新五色の玉
2013年運鑑定・進捗について

現在の状況ですが、11月7日ご入金を確認いたしましたお申し込み分までを年内発送完了納期として12月18日までに全て印刷工程に入る見込みとなっています。
印刷製本が出来上がり次第発送いたします。

2013年1月中発送予定分も随時作業に入っています。

到着まで何卒お待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。










kibanamano at 00:44 この記事をクリップ!

2012年12月16日

イネは命の根

神は人が人としての尊厳を持ち、その国々の風土に合う中心の食物を与えられたり。
日本人の食の中心は米なれば、米を食するは日本人の遺伝子が喜ぶことなり。
なれば米を食することにて日本人の日本人たる思いやりの心、和を重んじる心、礼節を守る心育まれん。
現代は日本人への神の恵みなる米も汚染され、米食せぬ者も増えゆかん。そは由々しきことなり。

人が知っている地球、日本の歴史と、実際の歴史はかなり異なっているようです。
温暖化、寒冷化を経て人が生き残るため、食べ物を自分たちの手で育てる技術が養われていきました。そして神代の時代、神意に乗った主食作り、稲作がはじまりました。
米が中心にある食生活は心が安定します。
米は神様から日本人に贈られた最高のプレゼントです。
最近はお米を食べない人、アレルギーの人が増えていますが、日本人が和の心を取り戻すために、この状況は正さなければなりません。
神の意に沿った作り方、米本来のエネルギーを持つご飯ならアレルギーがある方でも食べられるはずです。一部では既にそのような作り方をされている農家もいらっしゃるようです。
農業のあり方が見直され、本来の稲作が再び日本中に広まっていくことが日本再建のためにも必要です。

kibanamano at 00:23 この記事をクリップ!
2012年神示 

2012年12月14日

神の本願

地球誕生以来、人を生み出し、三次元世界に地上天国を築く役割を与えんがため、長い時をかけ、地球は進化を繰り返し、ある時は一瞬にしてこの世に氷を張り巡らせ、ある時は野山を焼き払い、次に水にてこの世を清め、多くの神仕組み、神技によりて人は生み出されしものなり。人の存在は多くの命の犠牲の下にあることを忘るるなかれよ。
宇宙の原理はこの宇宙が調和するべく働くものなれば、理に適わぬものはいずれ淘汰され、物事はいずれ収まるべきに収まるものなり。そは避けられぬ。
今人が直面する問題も、過ちあればいかに人が画策しようとも宇宙の大いなる意志には逆らえぬ。時には大きな痛み伴う大改革、大掃除も起こらん。
なれど、そも人が人の役割を思い出し、果たしてくだされよと願う神の御心によるものなり。
この世を今すぐに無の状態に戻すは、神、宇宙にとればいとも簡単なること。
壮絶なる天変地異あらば人は生きられぬ。
人を生かしつつ、立て替え立て直しを果たすは神にとりても難儀なり。
なれど、神の分け御霊、分身、神の子なる人間生かすが神の本願なれば、人も神の思いを汲みて、これから訪れんとする痛みに耐え、気づき精進し、この世の次元を上げる役割を果たすべけれ。


人が誕生する以前の地球はたくさんの生命が誕生しては滅ぶと言うことが繰り返されていました。
それは全て人を生み出すための、自然の営みだそうです。
そうまでしてでも、人は宇宙にとって必要な存在だったのです。

人が誕生してからも、急激な温暖化や、寒冷化はありました。それによって、生き残った人間は、命を繋ぐための知恵を養い、進化し、文明文化を発達させてきたのです。

しかし、人間はここで多くの過ちを犯してしまいました。
その進化が神の意に沿うものではなかったのです。言い換えれば宇宙の理に適ったものではなかったのです。

神示にもある通り、宇宙が人をあきらめれば、その存在を消し去るのはいとも簡単です。
たとえば、太陽のエネルギーを少し弱めたり、少し強めるだけでも人は生き残ることはできないのですから。

しかし、この立て替え立て直しにおいて、繰り返し繰り返し降ろされている神示や、その他のたくさんのメッセージを見れば、宇宙の意志は明白だと思います。神様の一番の望みは一人でも多くの人が新たな世作りのために生き残ることで、その役割を果たしてほしいと願っておられるのです。


kibanamano at 16:05 この記事をクリップ!
2012年神示 

2012年12月10日

世の異常は地球の声

地が揺れるも、山が火を噴くも、大雨降りて、大風吹くも全ては地球循環、この世の浄化のためなり。
地震増加の因を活動期ゆえなりなどと語る者もあり。
なれど、さにあらず。
人が撒き散らしたる毒を排出せんがための、地球の営みなり。
水の巡り悪しきなれば、水の浄化。熱の巡り悪しきなれば、火の浄化起こるは必然なり。
世の波動悪しきなれば、風、竜巻にて邪気祓われ、この世は浄化となりにけり。
異常気象も地震も、全て因あることなりて、地球と宇宙を生かすための活動なれば、毒無くば無用な浄化は起こらぬ。
なれば、今の世の異常は地球の声と受け止めるべし。
宇宙の意志に定められし自然現象を受け入れ、感謝し、人の過ちはいかなるや、本気で考えるべけれ。
時は近づきたり。
この世の毒の排出を、人の手によって行いて無用な浄化を抑えてくだされと望まるるは神の御心なり。

+木花万乃の運命鑑定+
hyousi
五色の玉
hyousi
家族のための鑑定本
きづな-気綱-ver.2

2013年2月末まで

+木花万乃の著書+
無題
神様の警告
受注製本版
販売サイト・カーゴへ


電子書籍版
販売サイト・パブーヘ
kokoro2
心のバイオリズム
製本版
かずさかぐら


電子書籍版
販売サイト・パブーヘ

2013年運鑑定進捗についてお知らせ

進捗は、ほぼお知らせしている通りとなっています。
9月15日までにご入金を確認したお申し込み分ですが、12月9日に発送完了となります。

10月末までにお申込みを頂きました、年内発送完了納期分は、12月22日前後までに発送を完了する目標となっています。

その後2013年1月中の発送完了納期分も随時発送していきます。

全てのお申し込みの発送完了は今のところ1月20日頃を目処としています。

鑑定という性質上と、製本作業の外注などを伴うためどうしても予定が多少前後しますので、また変更がありましたらお知らせします。

たくさんのお申し込みを頂きありがとうございました。

kibanamano at 00:46 この記事をクリップ!
2012年神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード