2006年07月10日

平成18年7月9日

神から与えられしものには全て神が宿りし。
数字でも、音でも、色でも、形でも、物でも、ありとあらゆる物に神宿りし。
物質文明全てならずと言うには非ず。
物質は人間にとって心の潤い、癒しにもなろう。
テレビが初めて写りし時には、白黒であれ、小型であれなんであれ、ともかく持ちえれば皆々満足であったであろう。
人間の欲は計り知れぬ。
次から次へといらぬ物まで欲しくなる。
今や大人も子供も1日テレビを見ても飽きぬ程。
一家に2台も3台もはたまた子供部屋においても。
昔を考えよ。家に一台あれば満足し、家族揃うてテレビを見る幸せ。
今や子供は子供。大人は大人。そのような環境は人間を駄目にし、子供もまた駄目にする原因となりうるなり。
文明は必要なり。
飛行機が必要な時には飛行機を使えよ。
インターネットは大いに役に立つ。
されど物質文明に感謝無く、必要なき物次から次へと手に入れてくゆくは、ただの欲なり。物質への執着なり。
物を持ちて死ねぬ。金を持ちても死ねぬ。
有難き文明の産物、神に感謝捧げつつ、この世に己あり間、有難く使わせて頂く物なり。



kibanamano at 01:12 この記事をクリップ!
2006神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード