2006年07月31日

平成18年7月30日

人が人として生きる意味は
魂の浄化の為なり。
されど、その目的忘れ去り、清き魂段々と曇らせり。
我欲、物欲、金銭欲、欲に曇らされ
神から離れゆくなり。
神から離れゆきたる者も今こそ気づき、神と共に歩めよ。
今気づかずば時遅し。
物、金銭欲しがるなと言うのではなし。
物、金銭は人を喜ばせ励みとなるらん。
されど、物、金銭に心奪わるるな。
魂奪わるるな。
働きに応じた金銭は言わば褒美のようなもの。
物はその証のようなもの。
我が身のみのものにするべからず。
人の為、世の為に必ず振り分けるべし。



kibanamano at 09:47 この記事をクリップ!
2006神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード