2006年09月28日

平成18年9月28日

人の考えられぬトラブルにて電車止まりし。
2006年、いくつも同様の事象起こし、神信号送られし。
神の使いする者にても、電車止まりゆくこと、預言にて口、文章を通じて発信さるるものなり。
神はその事象を通じて神の存在を気づけよと信号送らるるものなり。
神と縁ありき者には、神の使いをする者にて文書渡りしもの。
されど、その縁生かす者、気付く者少なき。
せっかくの信号も無駄になりぬる。
一つのトラブルにて多くの人、足を止めらるる。
一つのトラブルにて電車内に閉じ込められる者苦痛を味わうなり。
一つのトラブル安易に考えるなかれ。
一つの故障は著しく社会生活に影響を与え、さらに麻痺するなり。
それほど人間心の考えのみの社会は弱きものなり。もろきものなり。
神の信号小さきものでも見逃すなかれ。
与えられし神との縁無駄にするなかれ。
神と人とは話すこともならず、人は神の姿を見ることもならず。
なれば、神は予期せぬ出来事を起こし、人間に信号を送らるる。
また、神の使いになる者を通じて神の言葉を伝えらるる。
いずれにても、繰り返し繰り返し送らるる神の信号を無駄にするなかれ。
神の意図その中にあるらん。



kibanamano at 22:59 この記事をクリップ!
2006神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード