2006年11月27日

神は元一つ

ご投稿頂きました質問より。
・氏神様の大切さ、人類の根っこである祖霊について、詳しく教えていただきたく思います。
私たち人類は、どのように氏神様や祖霊と向き合って言ったらよいのか?未来を担う子供たちに、それをどういう形で伝えていったらよいのか?もお聞きできれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


信仰の方法、形は国によって異なるなり。土地によっても異なるもの。
氏神様は縁ありし神を祀ればよし。されどこだわるなかれ。
神は元一つ。元の初めの大本はスの神なり。
四十八の神、いろはの神と呼ばるる全神の中心におられる神なり。
全神で完全なる一つの神なり。ゆえに神元一つ。
どの神祀りてもかまわぬが、大切なことは心を正し、言葉を正し、素直な心で神を求め感謝を捧ぐる事なり。
たとえ札無きても、神棚無きても、神に通ずる真摯な心あればそれ良からん。
こだわるなかれ。
人は皆生かさるるものなり。
そを神仏、ご先祖に感謝するは人間の道なり。
そもそも今生かさるるは先祖のお陰なり。
畏敬の念を持ち、ご先祖の魂に語りかけ感謝を捧げ、ご先祖の一人残らず成仏して頂くことが子孫にとって一番大切なことなり。
彷徨う霊にはただ、恐れるのみではならず。心を込めて成仏されんと祈るべし。
我が子にはあえて教えずとも神仏に手を合わせ心を込めて祈る親の姿を見せ続ければ自然と子等も親に従うなり。
神仏、先祖を敬い感謝を捧げる家に、親子断絶、子の自殺などありはせぬ。神見守りゆくらん。


kibanamano at 22:38 この記事をクリップ!
2006神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード