2007年08月18日

仕事

このところ日本の経済上向きと伝えらるるなれど、ますます二極化し貧富の差激しき。
働けど働けど貧しき物溢れぬる。
見せかけの景気回復なる。
会社に身を置くも今や安心はならず。
いつ会社に危機あるやもしれぬ。リストラあるやもしれぬ。
人間関係に悩む者もあり。過酷な労働に身を置く者もあり。
一つの仕事を生涯の仕事して続ける者少なき。
なれど、転職は安易に行うなかれ。
人間それぞれ悩みはあるなれど、悩みはいつにても尽きぬものなり。
なれば、そにとらわれず己のできうる限りの最善を尽くせよ。
仕事を辞めるは簡単な事なり。
辞めるか否かは己自身で決めれば良けれ。
なれど、努力もせず安易に仕事辞めるなれば次の仕事にて、さらなる禊ぎ与えらるる。
神は仕事において人間が向上するを望まるる。
ゆえに継続することに重きを置くわけでは無きなれど、変えたき心抑え、励む姿を神は認めらるる。
神の御心に適いし仕事なれば苦労ありても神は見守られん。
今の時世にては神の御心に適わぬ仕事も多き。そも立て替え立て直しにて立て分けん。
なれば一時混乱あるなれど、仕事もまた次の次元へと移行するものなれば、しばらくの辛抱なり。
二極化の現象進まば、さらなる貧富の差生みて、弱者は生き難し。
老後の保障もなく、核家族にて老人の孤独死増えゆき、哀れなり。
ますます成仏できぬ魂溢れぬる。
人間の世界と霊はいつも共にありなん。
生を受けし事、育ててくれた事に感謝を捧げ、親を送るが子供の義務ならん。
現状の二極化食い止め、人間としての心の余裕取り戻さねば哀れなる魂増えゆくばかりなり。
目に見ゆる世界にても見えざる世界にても神は立て替え立て直しを行うなり。
人間が仕事と霊行を共に手を抜かず、しっかりと努めるを神は望まれん。
魂の向上を、仕事、霊行にて図るべし。


kibanamano at 17:56 この記事をクリップ!
2007神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード