2012年12月24日

大掃除

今年も終わりに近づかんとせば、家の隅から隅まで清め祓い、必要なき物は心のごみと共に捨て去るがよからん。
使用せぬもの捨てられぬは執着という負の心に支配さるるがゆえならん。古きを捨てらば新しき気もたらされん。
暮れの掃除はできる限りほうきを使いて家の中の邪気を掃き出すがよし。
家を清浄にし、この年無事に過ごせしことに感謝捧げ神社にお礼参りをすらば、心身禊がるる。

そろそろ大掃除をはじめたご家庭も多いのではないでしょうか。
いつも申しておりますが、いらない物、取ってあるけど使わない物、着てない服などは、できる限り部屋に溜め込まず捨ててしまいましょう。

もったいないと思う心はここでは仇となります。
家の中に不要品が溜まってくると、心にもゴミがたくさん溜まります。

家の状態と心身の状態は思った以上にシンクロしていますから、家の中はできるだけ荷物が少なくスッキリしている方が良いのです。物を購入する時に、本当に必要なものかどうか吟味して買っていれば、もったいない事をしてしまう事もありません。

寿命がきた物があれば、処分してまた自然循環に戻してあげることが大切です。

ほうきを使いなさいと、神様が仰っていますが、ほうきはそもそも神事のお祓いの道具です。家中の邪気を掃き出す意識を以てお掃除をしてください。

できれば自然塩を床に撒いてから掃き掃除をして、ゴミを取った後に、ほうきで寿、福などの字を書くとそのエネルギーが家に浸透します。

年末の大掃除は、次の年の神様をお迎えする神事です。
しっかりとこのお努めをしてから、一年の感謝を神様に捧げてください。


kibanamano at 01:06 この記事をクリップ!
2012年神示 
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード