言葉

2008年05月05日

言葉

【再掲】2006年6月19日の神示
人よ。浄化の時きたる。
一点の曇りも無い者おらぬ。皆々浄化されよ。
今まで生きた上でひとつひとつ思い起こせよ。
人を傷つけた事はなきか。悪き言葉を発した事はないか。
ひとつひとつ思い起こせよ。
罪ある者を作るは人なり。
悪しき言葉、悪しき波動を浴びせられし者、罪を犯す。
一つの罪は個人の罪と思われるな。
そのような罪人つくりしは全て人ぞ。
今世間にある罪、皆で作りし事気づかれよ。
気づけば言霊正せよ。
よき言霊発せれば、世界が良くなる。日本が良くなる。
良き波動、よき言霊を今取り戻せよ。


言葉は振動、波動です。
悪しき言葉は邪気となり世界に広がります。
それゆえに世界の混乱は自分の責任です。
良い言葉を選び話すことを心がけなさいと、神様は何度も何度もメッセージを送ってこられています。
略語や「超○○」などの物言いも改めなさいとのことです。

日本語は神の言葉に近いものだそうです。
そのような素晴しい言葉を与えられた事に誇りを持って、言霊を大切にしていくことを求められています。

kibanamano at 19:48 この記事をクリップ!
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード