開運

2010年12月16日

御役・天命

過去の神示より
この乱れし世なりても心ある者、なぜに自分は生まれしかと訪ねる者多き。
苦悩する者も多き。
されど、その苦悩価値ありし。そのように考えしは向上の気持ちあるゆえなり。
ならば、心を清め、反省し、懺悔し、人の幸せを祈り続けよ。
神に手を合わせ、ご先祖に手を合わせ、ひたすら人の幸せ祈ればよけれ。
さすれば、己の心自然に浄化され、己の生きる道見つけられん。
人は皆弱きものなり。
悪の心も皆々あるらん。
自分一人が悪心ありと思うなかれ。悪の心と戦うも一つの修行なり。
この世に存在するは神の御意図なり。
生きる意味見つからぬとて、死選ぶはならぬなり。
神への一番の冒涜なりて、重き罪なり。
死ぬほどの気持ちありなば、人や神に仕えよ。
人は自分自身の為のみには強くはなれぬなり。
自分中心の今の世、弱き人間ばかりならん。
人のために生きるなれば必ずや強き人間になれるものなり。
御役を模索する前にまず、人のために役に立つ事を考えるべし


鑑定をしていると、自分の御役・天命は何だろうかというご質問を多く頂きます。

向いている職業や、社会的にどのような役割をする人であるかは鑑定で調べることができますが、実際にどのように行動するかを決めるのは自分自身です。

神様の御役に立つということをあまり難しく考える必要はありません。

今ある環境の中でできる限り人に尽くすことを考えればそれで十分御役を果たしていると言えます。

縁ある仕事において人のために精一杯働くこと、家族のために環境を整え、良い食事を作ること、何気ない日常の中に人に尽くす術はいくらでもあります。

小さな気遣い、人に優しく語りかけること、笑顔で接すること。そのような極々簡単な小さな徳を一つ一つ積み上げていくことも大切です。

そうして魂の状態を良くしていくことで、自分が歩むべき道は必ず見えてきます。
逆に言えば、魂の浄化をなおざりにしていながら、天命を知る事はできないと言うことです。

御役はなんだろうかと考えている一方で、人に邪気を向けて魂を穢していては、いつまでも御役を見付けだすことはできません。

繰り返し申しておりますが、全ての人の役割は、魂の浄化を図り人として成長していくことであることであり、それが福運の道であることを知ってください。

木花万乃


2010年12月02日

欠けを補いましょう

万物は波動を発しており、それは宇宙エネルギーである木火土金水の陰陽五気に大別されます。
それは人も然りです。

人は誕生時に陰陽五気の配分が決まります。これによって宿命が与えられるのです。

誰にでも必ず五気の内に欠けている部分が出てきます。これは性格上の欠点、健康上の弱点などとしても表れます。

例えば五気の内、『木』が欠けていると、持続性に欠け飽きっぽい質や怒りっぽい質が表面化しやすくなります。
健康上では、肝臓に難がでやすくなり、それに対応している目に難が表れたり、体に痛みが出たりしやすくなります。

欠けが与えられるのは、それを修養し成長を図るためであり、人の欠けを自分が補い、自分の欠けを人から補って頂く循環を起こすためで悪いことでは無いのですが、不足している欠けは自ら意識して補充して体内循環させることが運勢向上と魂を浄化するために必要です。

この欠けを補い、体内循環を正すための重要な要素が『食』です。
特に日本の場合は、四季がありますので季節毎に体内循環を整える食材が用意されています。
神示で何度も『食を正せよ』と出てきますが、正しい食生活をしなければ体内循環が乱れてしまい、性格、健康、対人関係、金運なども含めた全ての運勢が悪化するからです。

また、五行五色の基本性質でも説明しましたが、色の持つ波動もこの欠けを補うのに有効です。

次回から、五気別に対応する『食と色』の利用について記します。

木花万乃


2010年12月01日

浄化してこそ

神様は優しいばかりの存在ではありません。
私に降りてくる神様のお言葉はどちらかと言えば厳しいものが多いです。

立て替え立て直しの本格化が間近に迫り、私達は覚悟を迫られていますので当然のことです。

神示をよくよく読めば、そこに神様の抱える苦悩や、神様の人に対する愛も感じる事ができます。

神様の声が聞こえるようになって、はじめの頃はよく自分の事についてお伺いしていました。
神様からの答えは大抵が苦言であり、私の反省・成長を促すためのお言葉で、厳しいなぁと思ったものですが、10年前の自分と比べてみれば、神様からの教えを意識するようになったことで随分と変化・成長を起こすことが出来たように思います。

いつの頃か『いい加減に自分の事を聞くのはやめなさい。』と怒られるようになり、私的な質問には答えて頂けなくなりました。

神様の言葉を聞かずとも、神ながらの道をきちんと歩んでいれば間違う事は無いのだから、自立しなさいという事でしょう。

自分の事で神様から言葉で導いて頂くことはあまり無くなりましたが、その分、ふとした瞬間に神様からの導きを実感する事が多くなったように思います。

私もまだまだ修業の過程にある無力な人間ではありますが、立て替え立て直しの本格化までに残された時間で神様の真意をなんとかお伝えしたいと思っています。

魂を浄化し、人として成長を図ることで必ず神様の意図を感じる事ができるようになります。
神様の厳しさの裏にある愛を感じ取り、努めて頂ければと思います。

木花万乃


2010年08月08日

太陽の光は、人に生命力を与える偉大な力を持ちますが、電気を用いた照明も人の心に大きく作用します。

家庭においての照明もできるだけ明るい方がよろしいでしょう。
特に食卓の照明は明るくしてください。
そして寝る時間に向かって少しずつ、照明を落としていくとクールダウンできて効果的です。

私が主催するコンサートでも照明さんに入っていただきますが、これがあるのと無いのとでは、演奏者もお客様も気分が全く変わります。

光は人をワクワクさせるエネルギーをもっています。

無駄な電気は節約しなければなりませんが、必要な電気は神様からの贈り物として、ありがたく使ってください。

気分が落ち込んだ時は、明るい場所に行ったり、夜景を見たり、キラキラ光る物を見たり身につけることが良好です。
今の時期なら、花火も良いでしょう。

木花万乃

2010年08月01日

素直とは

真に素直な状態というのは口で言うほど簡単になれるものではありません。

素直とは本来『ス直』で、スの神様から頂いた直霊の状態が大変良い状態のことを指します。
ですから、真に素直であると言う事は大変難しい事です。

物事に対して最初から否定してかかる訳ではなく、かと言って全てを鵜呑みにするのでもなく、自分自身で物事の正否を感じ取ることができる状態と言えると思いますが、いつでもこの状態であることは人間には無理なのではないか?とも思ってしまいます。

しかし、これを目指すことは今すぐにでもできます。
自分自身の頑なさを諫め、柔軟に冷静に物事に対処する意識を以て少しでも素直な状態を作ってみてください。

最近、漢方薬局にお世話になっているのですが、この薬剤師の先生が、ご本人はあまり意識されていないようですが、神懸かった所のある先生で、人の波動を診て薬を選択されます。
その先生が体質に合っている薬に対して素直だと、薬の吸収がとてもよく、効きも早いと仰っておられました。

薬が合う合わないというのも、薬側の問題だけでなく、服用する者の意識も重要だと言うことで、妙に納得させられました。

日常の中ではどうしても、素直になれない瞬間が出てきてしまいますが、私も真の『素直』を目指して波動を高めていきたいと思います。

木花万乃


2010年07月30日

開運とは

私は開運とは、魂の状態が良く、加護を受け止めやすい状態になることだと考えています。

人生においては、なかなか自分の思う通りに事が運ばない事があります。
これは決して悪いこととは限らず、神様やご先祖様の導きの結果であるかもしれません。

例えば結婚においては、自分自身が良縁だと感じ結婚しようと思った相手でも、実際良縁では無い場合が多々あります。
そのような時、神様やご先祖様は全力で結婚を阻止しようとします。

それによって何らかの理由で縁談がなかなか進まないと言うような事があり得ます。

ですが、魂の状態があまり良くないと自我のままに行動してしまいますので、道を間違えてしまいます。

加護が厚い状態とは、素直で神の意に乗りやすい状態です。
日頃からできる限り魂を磨き、良い状態に整えておくことで、神様やご先祖様の導きに自ら気付き、行動することができるようになります。

開運と魂の浄化は繋がっているのですから、占い的な開運法の中にも魂を浄化する補助となるものがたくさんあります。
昨日投稿した財布の記事もその一つです。

もちろん、これも「そんなわけない」で片付けてしまえば、意味を為しませんが、素直に実行すれば確実に効果があります。

このブログでは、そのような開運法も少しずつ紹介していこうと思っています。

木花万乃


2010年07月29日

金運

このブログでは、立て替え立て直しにおける重要な心構えから、簡単な開運法まで記載していこうと思っています。

今日はお金の話を少々書きます。

お金は過剰にありすぎてもよくありませんが、足りないのも困ります。

ほどよく停滞せず流れていることが経済的にはもちろん、他のエネルギーとの循環という観点からも望ましいです。

その為には、お金が良い循環を起こすための環境を作ることが大切です。

最近神様から教えて頂いたのがお財布のことです。

様々な開運法でもお財布の事は言われていると思いますが、どんな色が良いかと言うのは人によって異なります。

ただ、避けた方が良い色はあって、赤は避けるべきだそうです。

また、勿体ないような気もしますが、1年に1度は買い換えた方が良いそうです。

当然ですが家計を預かる人の財布は特に重要で、折財布では無く長財布が良く、あまりちょこちょこ必要な分だけ銀行から出していると、かえって無駄な出費が増えてしまうそうですので、ある程度まとまった額が入っている方が呼び水ともなるので、好ましいようです。

お金に対する心構えなどは、拙著「人類浄化大作戦!!」にも記していますので、興味がある方はお読み頂ければと思います。

木花万乃


木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード