宿命

2010年08月05日

姓名

生まれ持って定められた運命、宿命などを先天運と呼ぶのに対して、生後の運命に影響を与える様々な環境を後天運と呼びます。

例えば、どこに暮らすか、どんな人と縁を結ぶかなどは、運命に大きく影響がある後天運として考えられます。

また、姓名も誰かが考えてつけるものですから、後天運の一つとして考えられます。

ですが、これまで、たくさんの方の鑑定をさせて頂いてきて、姓名は大変宿命に近い性質を持っているものだと教えられました。

姓名から読み取ることができる暗示は、人の性格、各年代における運勢、家庭内や所属する団体などにおける立場や満足度、表面に出ている建前としての自分、そして本質の自分。社会的に求められる、または果たすべき役割。前世から受けている影響・カルマなどなど、大変多くの情報が凝縮されています。

姓名が後天運的なものだという感覚ですと、姓名からカルマを読み取ると言うとピンと来ませんが、家族全員を調べてみると、家庭内ではカルマの多くが重複することが普通で、家系のカルマの傾向が示されます。名前が偶然につくものではなく、神の御意図が篭められている宿命的なものなのだと実感させられます。

では改名すればカルマはどうなるのか?と言うと、表面的な運勢は変わるのですが、本質の部分では変わらないことがほとんどです。
いくら変えようと思っても、縁の無い名前はつきませんので、そもそも持っている運命を簡単に変えることはできないのでしょう。

木花万乃


2010年07月27日

日本人の宿命

どのような土地で生を受けるか。これも人の運命において非常に重要なものです。
日本なのかアメリカなのか、東京なのか宮崎なのか、細かく言えば○○町の1丁目なのか2丁目なのか、○○病院なのか、△△病院なのか。全て宿命を決定づけるのに重要な要素です。

日本人とアメリカ人の気質が全く違うように、東京で生まれ育った人と、宮崎で生まれ育った人では同じ日本人でも全く気質が違います。
このような気質の違いは、皆さんもお感じになったことがあるのではないかと思います。

それだけ、土地のエネルギーの影響というのは強い物であると言う事です。

今この時期に私達が日本人として生まれてきたことによって得ているエネルギーはどのようなものでしょうか。

多くの土地が穢れ、波動が落ちてしまってはいますが、日本は神の国であり、神の波動が強く残されている国です。
今は立て替え立て直しの時期であり、日本には世界を立て替え立て直すエネルギーが満ちています。

そのようなエネルギーを受けて生まれてきたことを悟り、誇りとして浄化に努め、その波動を世界に広げる事がができるよう成長していくことが私達全ての日本人に与えられている役割であり、宿命と言えます。


木花万乃


2010年07月25日

人生の課題

宿命とは持って生まれたものであり、変える事はできません。
とは言え欠点とも言える宿命は少しでも抑え改善する努力が必要です。

例えば、大変頑固で人付き合いが苦手。と言う欠点が宿命としてあるとします。
自分はそういう性格(宿命)だから自分の考えは絶対に曲げないし、人に気を使うのはまっぴら御免と考えていて良いわけがありません。

本来自分の考えを曲げることが大嫌いであったとしても、人と手を取り合って協力することが面倒くさいと考える人であったとしても、その質を克服することが人生の課題として、宿命として与えられているのですから、真摯に向き合い、取り組まなければなりません。

宿命として与えられているなら、口で言うほど改善することは簡単な事ではありませんが、見方を変えると、そのような宿命が与えられているからこそ、人一倍、柔軟な考え方をしようとすること、人を大切にすることに意識を置くことができるとも言えますし、その能力があるとも言えます。

また、食によって短所を抑え、長所を生かす事も可能です。
どのような欠けがあるかによって意識して摂った方が良い食材というのは変わってきますが、基本的には、旬の食材を意識した良い手料理を頂くことが大切です。

自分自身の欠けに気付き、改善の努力することで、魂は磨かれ、次第にあなたの長所を生かす環境、良縁と言える人材が整って、宿命を生かした良い人生とする事ができるでしょう。

木花万乃


2010年07月22日

先祖と宿命

宿命と一言で申しましてもたくさんの要素があり、生年月日から読み取れる暗示もあります。

この鑑定をしていると、子宝に恵まれない暗示、家系が途切れる暗示、よほどの良縁を引き寄せない限りは離婚が避けられない暗示など、祖先神から脈々と繋がる人の縦の流れに滞りを生む宿命を持つ方が大変多い事に驚かされます。

また、人の体内には陰陽五行で言う五気。木・火・土・金・水の宇宙エネルギーが流れていますが、通常誰でもこの中の一つ気が欠けています。
これは、欠点は外の人から補ってもらい長所を生かし、他者の欠けを補うことで、良いエネルギー循環を生み出すため、和を保つために必要な要素です。

ただ、現代はこの内の複数の気が欠けてしまっていたり、全ての気が弱かったりと、人の体内循環が乱れていることが鑑定結果にも如実に表れています。

これは実は家系、先祖の持つ因縁が関わっています。

人が宿命から離れて、神の意に乗らずに生きるようになったのは、今に始まった事ではありません。
かなり遠く昔から、少しずつ神から離れ、我欲にとらわれ生きてきた結果が現代人の姿・宿命に表れているのです。

これまで、何度か立て替え立て直しが試みてこられていますが、全て失敗しています。
今回の立て替え立て直しは最後のチャンスであり、今度ばかりは失敗が許されません。

過去の人の生き方が、現代人の宿命に表れるならば、私達は今の生き方をできる限り、神の意に近いものとして子孫に繋がなければなりません。

このような話をすると、「先祖が駄目だったから・・。」と考える方がいらっしゃいますが、それは間違いです。
人は輪廻転生を繰り返すのですから、自分自身も過ちを犯した先祖の一人であることを忘れてはなりません。

今の自分自身を素直に反省し、先祖や神々に感謝を捧げ生きる事が、自分自身と子孫の運命好転に繋がると考えてください。

木花万乃


2010年07月21日

宿命


〜木花咲耶姫神示より〜


人には天命あり、宿命あり、運命あり。
己の運命なぜにこのように悪きか、人のせい、霊のせい、家のせい、名前のせい、神のせいと責任転嫁し、己の努力を怠り、欲望にとらわれゆくは運命生かせず、宿命も忘れさるなり。
人の運命は神により生きやすいように他者と循環すべく流れを作られおるに、そにも気づかず、神の与えた良き流れより遠きに離れ、魂穢さん。
運命好転さすは神ではなき。宗教でもまじないでもなき。
己の力なり。
流れに沿いて魂磨く努力為す姿を神は見ておらるるなり。
さなれば、運命開きて宿命悟るなり。
なれど、神から離れ我欲にまみれ生きるなば、神のお仕組みはたらかず。
いついつまでも迷いて、他者を環境を恨むばかりの意味なき一生となりにけり。
このように努力をして生きているのに何も変わらぬ、神などおらぬと考える者あり。
焦りて神仏、人への感謝忘れぬる。
日々何も変わらぬと思うは人間の勝手なる思いなり。
人の願いは時に勝手なものなり。
神に感謝を捧ぐるを忘れ、我の願いのみ。さなる神頼みは通じぬ。
今、無欲になりて、日々何も変わらずと思えど、己の行怠るなかれ。
ふと気が付けば、はっきりと己の成長、向上感じとれるものなり。
今立て分けの時なり。残される魂か否かの振り分けの時なり。
己の魂いかなるか、よくよく見つめ直せよ。
改心あるなれば、最後の最後まで救いの手を差し伸べられん。


宿命は、誕生時に与えられた変える事、避ける事ができない人生の流れ・気質・性格・才能などのことを言います。
宿命を悟り自分の能力を生かす生き方が、神の意に乗る生き方、かんながらの生き方と言えますが、現代の人の生活では、なかなか為し得ることができません。
それどころか、魂を穢し、宿命を忘れ、本来あるべき姿を人は失ってしまっています。
自分の宿命を思い出すためには、自分自身を知らなければなりません。
自分自身の長所も短所も見つめ、正すべきは正し、生かすべきを生かすことが必要です。
毎日少しの時間でも良いですから、姿勢を正し、呼吸を整え内省する時間を作ってみてください。

次回から、宿命について掘り下げていきたいと思います。

木花万乃

木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード