エッセイ

2013年10月17日

立ち止まるべき時

このブログを開始した当初から、神様は何度もこれからは立て替え立て直しの時代、今まで人が体験したこともないような災害や事故が起こるようになると繰り返しメッセージをくださっていました。

2011年の大災害を経験し、日本人は少し感覚が麻痺してしまっていますが、今も世界でも日本でも大変な災害や事故が日々起きています。
この流れはまだまだ止まることは無いようです。

科学の進歩は恐ろしく速く、21世紀に入ってからは、人々の生活もかなり変わってきました。
コンピューターや携帯電話は次から次へと新商品が開発され、使えなくなったからではなく、新しいものが出たから買い換えるというのが標準的な考え方になってきています。

しかし、そろそろ立ち止まらなければならない時期がきているようです。

より便利なものを望むがゆえに、人は心も体も病んでしまうようになっています。このツケは大きなものとなっていることを私達は覚悟しなければなりません。

神様は今は文明の進歩ではなく、地球環境の正常化に人の知恵を使うべきと仰っています。
その流れを作るのに必要なのは、私達一人一人の気付きです。

手遅れになる前にもう一度、自分自身の人としてのあり方、魂を磨くにはどうすれば良いのか、向き合って頂ければと思います。

そのヒントはこのブログにもお渡ししている鑑定書にもたくさんあります。
ぜひお役立てくださいませ。


ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。
精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
鑑定の進捗・状況
新五色の玉
現在9月16日ご入金確認分のお申込みまでが印刷製本作業に入っています。
発送に一週間程度遅れが出ています。大変お待たせすることとなり申し訳ありません。

2014年運鑑定・日月開運手帳
現在受付中の2014年運鑑定・日月開運手帳ですが、鑑定作業は順調に進んでおり、順次発送に掛かっています。

発送予定ですが、今のところ8月末までにご入金を確認致しましたお申込み分を10月末頃までに、それ以降の受付分を11月末頃までに発送を終了する目標で作業を進めています。

受付期限は10月31日です。お早めにお申込みくださいませ。

9月に引き続き、10月も東京でゆらぎの会、医療氣功施術を開催しますのでお知らせ致します。

詳しくは↓を御覧ください。
10月25日(金) ゆらぎの会
10月23日〜28日 医療氣功個人施術※10月16日予約状況更新しました

片山氣功師のブログ

kibanamano at 23:03 この記事をクリップ!

2013年09月08日

東京オリンピック

2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。

現代のオリンピックのあり方には何かと問題も多いのでしょうが、日本で開催できることは素直に喜んで良いと思います。

五輪は五行、宇宙の法則によって生み出された五色人が一堂に介する神祭りです。

五行循環によって全てが助け合い補い合う仕組みに感謝し、スポーツを通じて世界は元一つであることを人々は実感します。

これから7年の間に、いかに神意に沿った祭典を開催できる国、国民へと成長できるのか神様は見ていらっしゃると思います。

今回オリンピックが東京に決まったことの意味は大きいものがあると思います。

日本は世界の親国です。それゆえに高い精神性を養い手本とならなければなりません。
7年後の日本人には美しき魂であることが求められているはずです。
それだけの成長を図る動きも出てくることでしょう。

日本人がその氣になれば、大袈裟ではなく世界を平和に導いてしまうような高いエネルギーのお祭りとすることも可能なはずです。だからこそ2020年は東京なのだと思わざるを得ません。

2020年の東京オリンピックが真の平和の祭典となりますように。
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。
精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
鑑定の進捗・状況
現在、鑑定書『新五色の玉』、『陰徳つみてこそ』共に8月26日のご入金確認分までが、印刷製本工程に入っています。

完成が現在1週間程度遅れています。まもなく通常の納期に戻る見込みです。
お渡しが遅くなり申し訳ありません。

現在、陰徳つみてこそは受付を休止しています。

新五色の玉2014年運鑑定日月開運手帳はお申込み頂けます。
かずさかぐら・医療氣功セミナー及び
氣功ヒーリング『ゆらぎの会』東京・開催のお知らせ


●医療氣功1dayセミナー『医療氣功の基礎とカラー氣功施術』

2013年9月26日(木) 東京・神楽坂new!!

今回はスペシャルワークとしてカラー氣功についての説明を追加します。
医療氣功においては色のエネルギーも用います。目的に合わせた色、体が求めている色を用いた氣功施術の解説をします。

詳しくは→こちら

●氣功ヒーリング『ゆらぎの会』

2013年9月27日(金) 東京・神楽坂new!!

詳しくは→こちら

片山気功師のブログ

kibanamano at 23:34 この記事をクリップ!

2013年07月24日

決意

7月から通常の神示だけではなく、『神代の時』の不定期連載、日々の太占の掲載、そして、さらに神様の教えシリーズとして『美しくあるために』も少しずつ掲載しようと思っています。

かなり長い間このブログへの記事の掲載は停滞気味になっていました。
終了を宣言したこともありますし、神示だけではなく一度は鑑定の仕事も全てやめてしまったこともあります。

神示の公開を続けることや、鑑定作業を続けることに疑問を持った時期がありました。
もっと他に重要なお役割があるのではないかと、模索したこともありました。

私も皆様と同じように悩んだり苦しんだりする人間です。
神様は何でも教えてくれるわけではありません。やはり人として悩みは自分自身で解決し成長していかなければならないのです。

鑑定書はそもそも神意をお伝えするために作ったものであり、特に新五色の玉は単なる占書ではありません。
神意に乗った生き方をしていただくために膨大な暗示の割り出しを行い作成するものです。
当たる当たらないの占いではなく、魂を磨くために活用していただくための鑑定書として創り上げたものですが、その真意が一体どれだけ伝わっているのだろうかと、勝手に疑問に思ってしまい、鑑定を一時期続けることができなくなってしまった時期がありました。

神示も、うつろいやすい人のために何度も繰り返し繰り返し同じメッセージが降りてくるもので、それを皆様に何度でもお伝えし続けることが私の役割ですが、ある時それを私は放棄しました。
過去の記事を見て頂ければ私の心の波が表れている部分があると思います。
神示を受け取ることが辛くなり、心が折れてしまったのです。

しかし、神示の掲載を中止すれば、再開を望む声が届き、鑑定書を中止しても、何らかの形でお申込みが届いたり、再開のご要望が届いて、その皆様の声が私を励ましてくださいました。

以前の五色の玉鑑定と、昨年発表した新五色の玉鑑定では、魂の修行度の鑑定を行っていますが、以前に比べて魂の修行度が進んでいる方が大変増えてきており、神示をお伝えしてきたこと、鑑定書によって神様の教えをお伝えしてきたことは、無駄では無かったし、きちんと実を結んでいるのだと、実感することができました。

ここ最近の神示では、今の見せかけの平和な世界で油断をするなと警告が多く発せられています。

立て替え立て直しは、終わっていません。水面下では準備が進んでいます。
世界は大きく変化してきていますが、特に大震災以降、人が鈍感になってしまっている部分があります。
しかし、いずれ目に見えて本格化してくるはずです。

素晴らしい気づきを得ている方が増えている一方で、かつて神示や、五色の玉を読み、魂を磨くことの重要性を悟り、努めていた方の中にも、もう何も起こらないと、魂磨きを蔑ろにしてしまっている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

私は今一度奮起をして、神意を様々な形で皆様に再度伝えていこうと決意を致しました。

神示、神代の時、神様の教えシリーズ、日々の太占、そして新五色の玉などの鑑定書と、大変多忙にはなりますが、神意をお伝えすることこそ私の天職なのだと腹をくくりました。

今後とも少しでも皆様のお役に立てますよう努めてまいります。
よろしくお願い致します。

木花万乃

鑑定の進捗・発送状況
現在、鑑定書『新五色の玉』、『陰徳つみてこそ』共に7月5日のご入金確認分までが、印刷製本工程に入っています。

現在、陰徳つみてこそは受付を休止しています。

新五色の玉2014年運鑑定日月開運手帳はお申込み頂けます。

kibanamano at 22:07 この記事をクリップ!

2013年07月09日

絶対神の存在

宇宙はどうやってできたのか。

幼い頃星を眺めながら、その空の向こうは何があるのだろうかとよく考えたものです。

人はその知恵を生かし、文明を発達させ現代は科学水準も非常に高くなっていますが、それでも宇宙と生命の誕生の不思議について、本当のところは何も解明されていません。

宇宙誕生のその前には絶対の無であったのでしょうが、ある時一つの奇跡が起きました。
ある『意志』が誕生したのです。その意志というのは人の想像できる感覚のものではないようです。

その意志によって、壮大な宇宙創成のドラマが生まれることになりました。

宇宙の始まりは『大いなる意志』の『スーッ』と吐く息によって始まったとされています。
その息によってアモトと呼ばれる九重となり回転している柱が生まれました。これは宇宙の中心であり、ここから様々なエネルギー、波動は生み出されていきます。

宇宙の大元の神を『スの神』と呼ぶ所以です。
一般に人が神様と呼ぶ存在とはまったく違う存在です。

宇宙そのものであり、宇宙の法則そのものであり、『意志』によって世界を運行していますが、そこには人が持っているような『感情』『心』があるわけではありません。しかし確かに存在する大いなる『宇宙の愛』によって全ての生命は育まれています。

科学は未だ宇宙の謎を解明できてはいませんが、それでも、神に一番近い領域にあることも間違いないと神様は仰います。

遺伝子工学の第一人者、村上和雄さんの著書をはじめて拝読致しました時に、私は非常に驚きました。
神示において神様が仰っておられることと同様の内容のことが、科学的立場で語られていたからです。

村上さんの著書『人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則』には次のようなことが書かれています。

−命はDNAによって支配されていると言われていますが、実はそうではありません。DNAは単なる設計図であり、この設計図を書き、それに従って必要な材料を集め、エネルギーを使って細胞を作り続けている何者かがいるはずです。
その何者かを“サムシンググレート”と呼んでいます−

−世界の科学者を総動員しても細胞一つ元から作ることはできません−

村上さんはあえて神と言う表現を使わず、サムシンググレート(大いなる存在)と表現されています。

現代は神を語ることが非常に難しくなっています。

それほど、人の心が神様から離れてしまっています。

しかし、科学者の中に、その研究の中において大いなる存在に辿りつくような人物もたくさん出てきています。

私達は宇宙の絶対神の意志でうまれ、そして宇宙の法則に生かされています。

その宇宙に存在する文明文化は、本来志高く突き詰めれば、必ず神という存在に辿り着くはずなのです。

科学の分野であろうと、芸術の分野であろうと、スポーツの分野であろうと、突き詰めて次元を高めるほどに、大いなる存在を実感させられることになります。

今回は科学の分野で、神の声を人々に伝えようとされている村上さんについて特に書きましたが、このようなメッセージは意識を向けてみれば、日常の至る所に溢れています。

人々が私達を生かしてくださっている大いなる存在への感謝を取り戻さなければ、いずれこの地球から人間は消えてしまうことになる。なぜなら他の生命、地球を傷つけ、絶滅壊滅の危機に追い詰め、宇宙運行にすら悪影響を与えている現状は許されるものではないからです。

皆様もどうか日常に溢れる神様からのメッセージに目を向け、耳を傾けてみてください。
そして神意を肌で、魂で感じてみてください。

今私達が何をするべきなのかきっと気づきを得ることができるはずです。

村上和雄さんの著書『人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則』致知出版社
『人間この神秘なるもの』致知出版社
また監修を務めておられる『CosMos』講談社をお勧めしておきます。

機会がありましたら、ぜひご一読ください。


ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。

精神世界 ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
7・8月期 かずさかぐらセミナーのお知らせ

ひな形氣功1dayセミナー

8月9日(金)東京・神楽坂

以上の日程で開催します。

詳しくはこちら
鑑定の進捗・発送状況
現在、鑑定書『新五色の玉』、『陰徳つみてこそ』共に6月18日のご入金確認分までが、印刷製本工程に入っています。
現在印刷製本が1週間程度遅れています。大変申し訳ありません。

書籍『ひな形氣功浄化術』は予約受付分の発送を完了致しました。
万が一お手元に届いていない場合はご一報ください。早急に調査をさせて頂きます。

陰徳つみてこそは、まもなく受付を一旦休止させて頂きます。
7月15日深夜までの予定ですので、ご希望の方はお早めにお申込み下さいませ。

kibanamano at 00:01 この記事をクリップ!

2013年06月01日

お金を使う意識、貯める意識

鑑定書『陰徳つみてこそ』お申込み時に多かった質問について

・ お金が減るのが恐いです。人のために使うのも嫌です。

お金を貯めること自体は決して悪い事ではありません。
大きなお金が必要になることは当然生きていればあるわけですし、老後のためにもある程度の貯えは必要です。
きちんとした目標を定めて、貯金をしていけばそれで良いのですが、お金を貯めることが目的となってしまうと、それは宇宙エネルギーの一つである『金』エネルギーを穢すことになってしまいます。
使う必要があるお金も渋っていると、金エネルギーが流れなくなり、結果かえって金運を落とすことになります。

人のために使うことを極力避けて生きていても、お金が全然巡ってこないと言うことは無いでしょう。自分のためにお金を使うことであっても、それは誰かのためになるからです。
ですが、自分の利益ではなく、他人の利益のためにお金を使うことのような徳積みにはなりません。
器の小ささは徐々に顔にも態度にも表れてきます。
貯金をするなら、何のために必要なお金なのか明確に目標を立ててください。
そして、使う必要があるお金は使わせて頂くくらいの意識で使いましょう。
人のために使ったお金も、必ず何らかの形で自分の元に還ってきます。

どんな意識でお金を使っているか、貯めているか、神様は見ていらっしゃいますよ。


現在各鑑定書は5月7日のご入金確認分までが、印刷製本工程に入っています。

鑑定書のリニューアル、新規鑑定の発表と重なり、大変お待たせする状況が続いていましたが、まもなく通常納期となります。
大変申し訳ございませんでした。

時間をかけさせて頂いた分、充実した鑑定書となっていると思います。
お喜びの声も届いています。

今後も、少しでも皆様のお役に立てますよう、努めていきたいと思います。

たくさんのお申込みを頂き、また、長期お待ち頂き誠にありがとうございました。


現在鑑定書『きづな』は受付をしておりません。

新五色の玉』及び、『陰徳つみてこそ』はお申込み頂けます。

kibanamano at 00:06 この記事をクリップ!

2013年05月29日

陰徳をつむこと

鑑定書『陰徳つみてこそ』お申込み時に多かった質問について

・ 陰徳を積むとはどう言うことですか・

『五色の玉』『陰徳つみてこそ』を鑑定していて思うのは人間が生きていくと言う事は大変な事だなぁ。と言う事です。
人の一生には試練の時期や、克服すべき課題が確実にプログラムされています。
それは肉体を持っているからこそできる魂磨きを一生の内に行うためです。

その中でも全ての人に与えられている共通の課題があります。
それは『徳を積むことです。』

宇宙の法則は循環の法則です。
徳をつめば、その徳は必ず何らかの形で自分に還ってきます。これは真理です。

徳の中でも陰徳を積むことこそ、神様は望んでおられます。
陰徳とは、字の如く人知れず人のために尽くすことです。

それは何も難しい事をする必要はありません。

落ちている空き缶を拾うとか、たばこの吸い殻を拾うとか、誰かのミスを分からないようにさりげなくフォローするとか、日常の生活の中で自然にできる徳を積み上げていくことが大切です。

ご近所の産土の神社が荒れていれば、参拝した折にお掃除するのも神様がとても喜ばれます。
コンビニなどに設置されている募金箱にも幾度に少額ずつでも募金を続けることも良いでしょう。
よく、何に使われているか分からないと募金を渋る方がいらっしゃいますが、何に使われようと誰かがそのお金を使うのですから、誰かのお役に立っている事に違いはありません。何に使われて、それが神の意に沿っているかどうか、その判断は神様に委ねれば良いことです。

振込などで募金をすることももちろん良いのですが、毎日毎日、金銭を直接募金箱に入れるという行為はとてもよい『金』エネルギーの循環を起こします。
ぜひ習慣づけてください。


現在各鑑定書は5月7日のご入金確認分までが、印刷製本工程に入っています。

鑑定書のリニューアル、新規鑑定の発表と重なり、大変お待たせする状況が続いていましたが、まもなく通常納期となります。
大変申し訳ございませんでした。

時間をかけさせて頂いた分、充実した鑑定書となっていると思います。
お喜びの声も届いています。

今後も、少しでも皆様のお役に立てますよう、努めていきたいと思います。

たくさんのお申込みを頂き、また、長期お待ち頂き誠にありがとうございました。


現在鑑定書『きづな』は受付をしておりません。

新五色の玉』及び、『陰徳つみてこそ』はお申込み頂けます。

kibanamano at 22:48 この記事をクリップ!

2013年04月11日

姓名

私は長年姓名を研究し続けてきました。
名前は本当に見事にその人を表しています。

親が付けてくれた名前であろうと、姓名学者が付けた名前であろうと、生まれてきたお子さんの魂に相応しくない名前が与えられることはありません。
全て魂が計画した通りに動かされます。

昔は、成長の過程で名前を変えていくことがありました。
伝統芸能の世界でも、襲名として名前が変わっていきます。

それは、その時々でその人の持つ役割や、学ぶべき課題が変わることを意味します。
昔の人はそれをよく知っていたのです。

一方で、改名しても、なぜか定着しないと言うことはよくあることです。
それは、その名前がその魂に相応しくないと言うことです。

改名や名付けを試みる時は、画数にこだわるあまり、当て字であまりに読みにくくするのは良くありません。

神様に心を合わせ、魂を浄化して、読みやすく、呼びやすい名前をつけることが名付けの原則です。

名前には本来吉凶はありません。名前はあなたの魂を表します。
悪い事があったからと言って、名前を嫌いになるのではなく、大切にしてくださいね。

各鑑定が遅れてご迷惑をお掛けしております。大変申し訳ありません。

『きづな』の鑑定と、『新五色の玉』の準備に予想以上に手間取ってしまいました。
大変お待たせすることとなってしまいました。深くお詫び申し上げます。

現在は順調に進んでおりまして、各鑑定とも4月中には通常納期に戻せる見込みになっています。

遅れてしまいましたのは私の不徳の致す所ではありますが、その分、各鑑定とも非情に良い出来になっていると思います。

ご縁があって、木花万乃の鑑定書を手にされた方の魂の浄化が進み、たくさんの福運に包まれますことを心よりお祈り申し上げます。

到着を何卒お待ち下さいませ。よろしくお願い申し上げます。

木花万乃

進捗状況
●『きづな』
1月以降のお申込み分が全て印刷製本の完成待ちとなっています。
準備が出来上がり次第発送致します。
発送が完了致しましたら、こちらでまたお知らせ致します。

●『新五色の玉』
昨年12月中にご入金確認をしたお申込み分の発送が完了致しました。

1月以降のご入金確認分は、随時印刷製本工程に入っています。
4月中には通常納期となる見込みです。

●『陰徳つみてこそ』
順次印刷製本工程に入っています。
こちらも4月中には通常納期となる見込みです。

※『きづな』は現在、お申込みの受付をしておりません。
新五色の玉』及び、『陰徳つみてこそ』はお申込み頂けます。

現在の受付分は通常納期『1ヶ月程度』となっています。
かずさかぐら・氣功治療日誌 new!!

kibanamano at 23:22 この記事をクリップ!

2013年04月01日

神様っているのかな

神様ってホントにいるのかな・・。
私は神様からメッセージを受け取り、色々な体験で存在を実感してきましたが、それでも考えてしまう事がありました。

神様は目に見えませんから。

けれど、通常目に見えない、そして声も聞こえない、次元の違う場所に存在する神々様を感じる精神性を養ってこそ、芯の強い信仰心を養う事ができるのだなぁ。と最近実感しています。

魂清らかで、波動の高い、次元の高い精神性があってこそ、次元の高い神々様と交流もしやすくなると言うことですよね。

目に見えない存在、神の波動は、美しき魂をもつ神と交流のできる人々によって科学でも証明される時代がいずれやってくるそうです。

信仰が非科学的と言われる時代も終わりに近づいているようです。

木花万乃

かずさかぐら・氣功治療日誌 new!!
各鑑定の進捗と納期をお知らせ致します。

新五色の玉
新五色の玉ですが、鑑定に使用するデータの準備に手間取り準備が遅れてしまい、スケジュールが全体的に10日程度遅れてしまっています。

・12月中にご入金を確認致しましたお申込分は、全て印刷製本工程に入っています。
今回は霊符の用意をする都合があり、全ての準備が揃い次第一斉に発送します。

4月1日現在・製本品の到着待ちです。
手元に届き次第発送致します。

・4月中に通常納期となる見込みです。

『きづな』
まもなく全ての鑑定作業が終わり、印刷製本工程に入ります。
やはり、霊符の用意をする都合で、一斉の発送となります。
4月10日前後となる見込みです。

陰徳つみてこそ
やはり、全体的に2週間程度予定が遅れていますが、4月初旬から発送を開始して、4月中には全て通常納期となる見込みです

いつも何かとお待たせする事となり申し訳ありません。
深くお詫び申し上げます。

到着まで何卒お待ちくださいませ。


kibanamano at 20:32 この記事をクリップ!

2013年03月20日

カルマとは

カルマというと何か恐いイメージがありますが、前世で昇華することができず残った、深い悲しみ、苦しみ、不安、欲、不信感、恨み、怒りが、今世に修養するべき課題として表れるのがカルマです。

不思議な事に、結婚をすると夫婦の共通のカルマが子供に引き継がれる事が多いです。

それは、同じカルマを持つ親を子が選んでいる事を示しています。

鑑定をしていると、驚くほど必ずと言って良いほど、家族にはカルマが共通しています。
きちんと統計を取っているわけではありませんが、90%以上カルマによる引き寄せが起きているように思います。

これは、家族に共通するカルマは、家族皆で力を合わせて解消しなさいという神様の御意図であろうと私は思うのです。

成長を怠り、カルマの解消を蔑ろにしていると、別のカルマを抱えて、来世や子孫の生活に影響を与える事になります。

カルマの解消こそ、人生の課題であり、魂の浄化に繋がるものと受け止めましょう。


kibanamano at 23:21 この記事をクリップ!

2013年03月15日

苦難を喜びに書き換える

今私は『新五色の玉』の鑑定を進めている所です。
今回『人生のバイオリズム』というテーマで鑑定を追加させて頂いていますが、人の人生には多くの苦難の時期が設定されていて、これを調べていると、いかに人が生きていくのは大変な事かと感じます。

苦難の真っ只中にある時は苦しくて神も仏もあったものか。と言う心境になってしまいますね。

ですが、どんな困難の時期が訪れていたとしても、最善の道というのは存在します。

神様はいつもその道を歩んでほしいと願い、導こうとされていますが、人は魂を穢し、道を間違えてしまいます。

道を間違えてしまうのは自分自身で、他の誰のせいでもありません。
先日も書きましたが、人の想念というのは必ず現実化するように作用します。

苦難に陥る時は、自分で苦難に陥ると決めているのです。苦難という想念を現実化させているのです。
運命学はその想念の流れ、リズムを読み取るものであり、苦難の時期という鑑定結果があったなら、それは苦難という想念を作り上げてしまいやすい時期と言うことです。

ならば、自分で苦難を乗り越え最善の道、正道を歩むと決めれば、不思議とそのように世界が動き出します。それほど人の想念のエネルギーとは強いものなのです。

神様が人には乗り越えられない試練は無いと仰る理由はここにあります。

私達は自分を鍛え、魂をきれいに磨きあげて神様、宇宙にお返しする役割をもってこの世界に生まれてきました。

苦労があってこそ人の器も大きくなり、幸せを実感することもできるものです。
魂を磨き成長するほどに、過去の苦労の体験をありがたいと思えるものです。

このブログの読者様、ご縁あって鑑定書をお渡ししました皆様が苦難という想念を喜びの想念に置き換え、幸せに人生を全うできますように心から願います。

木花万乃


kibanamano at 22:59 この記事をクリップ!
木花咲耶姫様からの神示
6747

祝祭日には国旗を掲げましょう。

日の丸についての神示
平成18年10月6日
平成18年9月7日
平成17年12月19日
ランキング
ランキングに参加しています。
クリックのご協力をお願い致します。
いつもありがとうございます。


精神世界 ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード